心と身体のよりどころ

idun2006.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

タッチセラピー  ブレインストレッチ編  Vol.2

あれは昨年の9月頃だったか、
主人にとって、フィットネスクラブ内での仕事が最後の日となった日ののこと。

当時我々の元で勤務していたスタッフに、ブレインストレッチの技術チェックをしていた主人が、どうしても上手くできないスタッフに、自ら手ほどきして教えてました。

ブレインストレッチの微妙な手加減は、想像以上に難しいものなのです。
受けている側からすると、単純に 「揺らしている」 くらいにしか感じないのですが、揺らす手加減は、想像以上に難しいものなのです。

「当たる」感覚を相手の身体に与えてはダメ。 
これは刺激になってしまうから。
皮膚表面を滑ってしまう手技もダメ。 
ただ触られてるだけでリラックスもせず、なんの効果もない。

柔らかい感触だけれど、力は身体の奥に通る。

この感覚をつかむのが難しい。
言葉で表現するのも難しいけれど、この感覚のイメージをつかむのも難しい。
だから なかなか再現できないのです。

頭の中でいろいろと考えて、自分なりに創意工夫をしてみますが、いつもダメだしをくらいます。
私の手技は、大方O.K. 
でも、最後の関門がなかなか超えられない。
「そこがクリアできれば、ゴットハンド と言えるようになる。 はやくそうならなきゃ。」
いつも主人に言われてました。

そんな折、主人がスタッフ君に指導しているのを見て、羨ましくなったのです。
「いいか、君がやっているのはこう。 僕が言っている感覚はこう。」
感触の違いを実感させるために、スタッフ君の身体で体感させてました。

その様子を見ていた私は、どうしても自分も体感したくて、主人に頼みこんでやってもらいました。
面倒がって、背中を2往復くらいしただけでしたが、その感触に絶句しました。
今まで考えていた私の 「柔らかい」 と全く違う 異質の 「柔らかい」 だったのです。
何がどうだの 言葉では語れない。 文字通り 「柔らかい」。
無条件に身体が勝手に解けていく。
抵抗したいと思っても、それ以前にどんどん身体の方が勝手にとろけていく。
とっても不思議な感覚に、ある種の衝撃を受けました。

これぞ ゴットハンド だ!  これぞ リラクセーション だ!

その感覚を忘れないように、そして、再現できるように、ずっと考えてました。

昨日、私のクライアントさんの中でも最も古株となる方が施療を受けにきてくださいました。
彼女にこの話をすると、少し前の私の施療で、同じような感覚を受けたと言ってくれました。
「かなりストレスがたまっていて、自分の中がグシャグシャしてたのに、勝手に身体が緩んでいく感覚を受けたんです。 抵抗したくても、身体の方が勝手に緩んじゃって、これって何? と思っているうちに終わっちゃった。 なんか不思議でした。」
この言葉を聞いたとき、素直に嬉しかったです。
辛口の母から 「あんた腕をあげたね。」 と言ってもらったのも、丁度その頃だったかもしれない。

でも、私の手技は、まだ安定していません。
私の中で、主人のあの 究極の揺らし ができている実感がないのです。
もっと自分の身体を心を研ぎ澄ませ、感覚を磨かなければなりません。

その鋭敏な感覚が安定したとき、究極のタッチセラピーとしてのブレインストレッチが完成するのだと思います。
[PR]
by idun-2006 | 2007-10-31 10:57 | 心と身体のストレッチ

タッチセラピー  ブレインストレッチ編

本日は 子宮内膜症に伴う生理痛で、カラダの機能が低下してます。

薬を飲むタイミングを逸して、痛みが完全に消えません。
鎮痛剤を服用しつつ、収まらない痛みに苦しみ、少し休んでいました。
転寝して目覚めると、痛みは少し遠のいてましたが、ケープに包まっていたものの、血流不全で手足が冷たくなっていました。
カラダが冷えていると、鎮痛剤を服用しても痛みは完全に消えません。
慌てて、ホットドリンクを飲み、呼吸法で血流を促すと、やっとカラダが芯から温まり、痛みが治まりました。

内膜症による痛みの症状が表れると、懐かしく思う主人の施療です。

今日は妙に主人の手を思い出しました。

背中にポンと手を当ててもらっただけで、ものすごく安心します。
大きくて柔らかくて、暖かい主人の手の感触は、生涯忘れるはできません。
勿論、互いの愛情があっての感覚でもあります。
施す側の心情や施療の技量にもよりますが、受けて側の信頼感も、結果に左右します。

主人の手に、随分助けられました。
本来痛みがひどいときは、多少の振動も響いて痛みが増してしまいます。
カラダを揺らされるなど、考えられないのですが、主人の施療だけは違いました。

施療が受けられない今、症状が現れたときは、ワークと呼吸法で乗り切ります。
ワークも上手くなればなるほど、カラダの硬直がほぐれ痛みを緩和しやすくなります。
呼吸法も腹部の凸凹が大きくできるようになると、血流が促されて、痛みが緩和してきます。
かなり自己調整の精度も増してきたようですが、でも、やっぱり、懐かしい主人の手。

ブレインストレッチには、脳幹へのリラクセーション信号を送り、脳からの運動指令の質を変える働きがあります。
しかし、もっと分かりやすいのが、タッチセラピー的要素です。

優しい揺らぎの信号は、忘れていた赤ちゃんの頃、お母さんの手の中で優しくあやしてもらっていた感覚を思い出して、安心するんです。

ブレインストレッチを受けていたら、子供の頃に喘息の発作で苦しんでいたとき祖母が背中を擦ってくれた優しい感覚がフラッシュバックしたと、教えてくれたクライアントさんがいました。

主人が考案したワーク、施療、共に奥が深い。
[PR]
by idun-2006 | 2007-10-30 14:08 | 心と身体のストレッチ

和童塾 月曜教室

昨日で和童塾の月曜教室は、身体調律法のベースⅡが終了しました。

身体調律法も16回を数える頃になると、少しはカラダに対する意識が変化してきます。

毎回習うことを毎日実践していれば、カラダも間違いなく変化してます。

ところが・・・・、 やってないのがバレてしまう。

いつもウンチクばかり述べているのも退屈だろうと、昨日は日曜教室に気続き、サーキットトレーニングに挑戦してもらいました。

きっちりやればキツイ サーキット。
30秒毎に追い立てられながら10種目を行なう中で、カラダを扱うセンスが露出します。
取り繕う余裕がないんです。 誤魔化せない。

いつも解剖学的な話を交えながら行なうワークは、カラダを固めている人には難しく感じるかもしれません。
でも、サーキットトレーニングは、少し運動する人であれば、スイッチが入りやすい。
考える余裕もなく、ただこなすことに没頭できるし。

昨日参加された方は偉かった。

始めて挑戦する女性でありつつ、3セットをこなしました。
もう1人の男性は、10代の大学生。
テニスの部活で、結構きついトレーニングをやっているとのことで、なんと初挑戦で5セットまでこなしました。
たぶん、追い込めばもう少しできました。
やはり若さです。 体力あります!

最期に揺らしのワークをやってみましたが、
彼らの課題には、キツイトレーニングもなんら影響していなかったらしい。
月曜日の塾生さんは、揺らしが苦手です。

さあ、来月からは、身体調律法のベースⅢですが、趣向を変えて、苦手な揺らしを克服するように、いろんなことをやっていこうと思います。

やはり脱力系のワークが中心になりそう。
っていうことは、誰でも行なえるワークです。

お近くの方、お気軽にご参加ください♪
[PR]
by idun-2006 | 2007-10-30 13:44 | 和童塾

和童塾 10.28

昨日の和童塾は、ベテランさんばかりとなったので、急遽「ハートブレイク サーキットトレーニング」に挑戦。

松本先生のブログや、MILのホームページの昔のバージョンをご覧になっていたかたは、このトレーニングの存在をご承知のことと思いますが。。。

文字通り、心臓破りの地獄のトレーニング。

現役の大学野球の選手でさえ、2セットか3セットこなすのが精一杯。
しかもトイレへ駆け込むほどのきつさです。

1種目30秒ずつ、合計10種目の5分間トレーニング。
それを1分間のインターバルを置いて、動けなくなるまで続けます。

大概1セット終わると床に転がりながら喘いでます。
2セット目は、カラダが思うように動かなくなってきます。
その状態から自分をどこまで追い込めるかが勝負。

手抜きをすれば、何セットでもできちゃいます。
それぞれの種目をきっちりこなすと、1セットでもギブアップしたくなる。
やってる最中はキツイと思っても、手抜きになっていると、インターバル中のリカバーが早くて、消化不良を起こします。

自分を全て出し尽くすサーキットに、いざ挑戦!

1. ジャンピングプッシュアップ
2. Vシット
3. ツイスト バック エクステンション
4. バックキック(左)
5. バックキック(右)
6. ニィタッチ ジャンプ
7. ツイスティング ニィタッチ
8. 小刻み走
9. ランジターン
10. バービージャンプ

さて、塾生さんたちは?
1セット目は、種目の確認に時間がとられ、消化不良で終了。
2セット目、ちょっと慣れてきたので私から煽られ、30秒間にこなす回数が増えて、呼吸が上がってきた。
3セット目、カラダが思うように動かなくなるけど、さらに煽られカラダに鞭を打つ。

会場の都合上、ニィタッチジャンプをただのジャンプに変更したり、少し優しい内容に変えましたが、それでも3セットできたのはたいしたものです。

松本先生は、持久力を問われるカラダ作りはしてなかったので、何セットもこなすことはできませんでしたが、各種目の充実度が普通の人と違うんです。
どの種目も30秒間きっちりこなします。
先生の筋力・筋量は確かに凄かったのですが、筋肉の使い方が他の人と違っていたようです。
力を込めてカラダを固めてしまうと、かえって最期まで持たなくなります。
リラックスした状態で大きくカラダを使ったほうが、持ってる力を十分に発揮できます。


普段の生活の中では、「力を出し切る」 運動は殆どできていません。
ということは、エネルギーが燃焼できず、カラダの中に停滞してしまい、それが凝りなどのストレスとしてカラダの中に偏在してしまいます。

20代の男性など、カラダの中にエネルギーが充満しているわけですから、適度に放出してあげないと、体内のバランスが保てません。

「久しぶりの運動だぁ。」 と頭の中から大汗をかきつつ、喘いでいた彼らの顔つきから、清々しさが現れていました。

後半、パワーブレスから養気呼吸法の天・地・片龍。 そして、舞龍を練習して終了しました。

フフ、今日あたり、全身筋肉痛でフラフラしてるかも。
昼間からヨレヨレしている変なおじさん お兄さんがいたら、家の塾生くんです。
[PR]
by idun-2006 | 2007-10-29 16:03 | 和童塾

マイブーム

f0031709_14824100.jpg
最近 ちょっとはまってます。

ほうじ茶を豆乳で煮出し、シナモンパウダーを振ってます。

一見ホットミルクのようだけど、鼻に抜けるほうじ茶の香りとシナモンの香りが、想像以上にマッチしていて、カラダも温まります。

普段は豆乳は苦手なのですが、これは大丈夫。

お茶好きな私に、もう一品、好みのお茶が増えました。

お試しください♪
[PR]
by idun-2006 | 2007-10-27 14:11 | 癒し

タッチセラピー  ペット編

コロナやシャモンのフワフワなカラダを触っていると、不思議なほど心が和みます。
どんなに精神状態が不安定になっていても、彼らのカラダに触れると、フワッと解けてしまいます。
不安がつのり、寝付けないときは、コロナのカラダに振れているだけで、いつのまにか眠ってしまうことは、以前にこのブログでご紹介しましたね。

ペットに不思議な能力の一面です。

昨夜 というより早朝のこと。
なんとなく目が覚めると、私のカラダに張り付くものを感じました。
重さで直ぐにコロナと分かります。
おそらく寒くなって、私のカラダにくっついて暖をとったのでしょう。

何故か私はコロナが張り付いている方の手を上げていて、シャツもめくれ上がってお腹を出していました。
コロナもお腹を私のカラダにくっつけていたので、互いにお腹をくっつけ合って寝てました。
(さすがにちと暑い)
コロナのフカフカお腹が気持ちよくて、動きたくなかったのですが、肩関節が苦しくなって、手もしびれてきて体制を維持することができませんでした。

コロナの柔らかくて暖かいお腹の感触。
本当に不思議と落ち着きます。

f0031709_13492533.jpg


この猫台から落下してみたり、お間抜けコロナは笑いももたらせてくれます。

時にこの子達の方が私を恋しがって、擦り寄ってくるときもあります。
でも、いつもは追っかけてって抱きしめる私を迷惑がって逃げてます。
どんくさいコロナが私に捕まって犠牲になってます。(笑)

もちつもたれず。
互いの温もりに癒されてます。
[PR]
by idun-2006 | 2007-10-27 13:54 | 心と身体のストレッチ

晴れた日は、要注意?

f0031709_1042539.jpg
ぱふぱふ ぼんぼり。



このぼんぼりの持ち主は、f0031709_105104.jpg
光冠のお腹。。。

昨日の夕暮れのこと
久しぶりのお散歩で疲れた私は、ソファで転寝をしてしまってた。

ドタドタ ドン!

凄まじい音で目覚めると、光冠が猫台の天辺から落ちた音。
どうやら寝返りして転がり落ちたらしい。 ・・・・ネコなのに。

サル ネコも木から落ちる。。。。

晴天に恵まれた昨日、私の交感神経にスイッチが入りまくり、
急に思い立って光冠をお風呂へ入れました。
コロチャンにとってはいい迷惑。

フワフワでいい香がするコロチャン。
でも、光冠がお風呂に入ると、シャモンはネコらしくない香りがイヤなのか、光冠が近づくと 「シャー! カー!」 と怒るんです。

イヤなシャンプーされて、シャモンにも怒られて。
踏んだり蹴ったりのコロチャン。
f0031709_10131488.jpg
ぼく、悪い事してないもん。

とふて寝、イヤ疲れきって寝ている光冠です。
[PR]
by idun-2006 | 2007-10-25 10:14 | ペット

小さい秋みーつけた♪

f0031709_2035071.jpg
お散歩に行った公園で見つけたどんぐり。

こないだ行った公園のどんぐりは、もっと細長かったのに。
このどんぐりには、親しみを感じてしまう。。。

f0031709_2065721.jpg
街路樹のハナミズキに赤い実がいっぱい付いてました。

清々しい晴天の秋空に誘われて、今日はどうしても公園へ散歩に行きたかったんです。
デスクワークはちょっとお休み。
ちょっとだけジョギングもしてみたかった。
身が重くなってしまったので、ランニングフォームも崩れて重い走りになってしまうと思っていたのに、意外にカラダが軽く感じられて、嬉しくなって気持ちよくジョギングを満喫。

久しぶりなので休み休みのジョグですが、おかげで秋の訪れをあちこちで見つけることができました。

f0031709_2084091.jpg

ところどころで葉が色づきだして、園内の様子は秋の気配でいっぱい。

f0031709_20165344.jpg

まだ3時だっていうのに、影はこんなにながーくなってます。

この茂みの中で養気呼吸法を行なうと、地のエネルギーと天のエネルギーとの還流の実感が、いつも以上に感じることができました。

昨夜、スクール生と話していて気づいたんです。
みんなの手技チェックは、勿論、私が行っています。
みんなの進歩の過程を辿っていってあげられます。
でも、私の手技の進化は自分の感覚だけが頼りなんです。
今までは主人が確認してくれましたが、もうそれはできない。

だから、感覚のバランスを崩さないように、今まで以上に注意しなければなりません。
ワーク、呼吸法、トレーニングの実践は勿論、自然エネルギーとの交流は必須です。

感覚は、気づかぬうちに崩れているものです。

肩の力を抜いて、自然と触れ合っていてこそ、バランスは保たれるのだと思ってます。

今日は、秋空と同様に、カラダがすっきりした一日でした。
[PR]
by idun-2006 | 2007-10-24 20:31 | 徒然ごと

個展を訪ねて

f0031709_21544763.jpg

友達が国立の画廊で個展を開いてます。

インテリア小物に書をしたためた作品を展示してます。

通常、布に直に書くことは避けますが、シルクをキャンパスに伸びやかに踊る書からは、様々なエネルギーを感じられる作品ばかりです。

国立駅北口から徒歩五分。
アートの庭で28日までやってます。
[PR]
by idun-2006 | 2007-10-23 21:54 | 癒し

無料体験会 ご報告

ハートでストレッチ 無料体験会のご報告です。

小学生のお子様からご年配まで、幅広い年代層の方々にご参加いただきました。

日曜日の朝から、皆さんありがとうございました。

晴天に恵まれて、とても気持ちのいい日でしたね。

こういう日に朝から活動を開始できると、一日がとても有意義に過ごせる気がします。

晴れ晴れしい秋空を眺めながら、体験会のスタートです。
f0031709_17594429.jpg

硬い方はそれなりに、柔らかい方もそれなりに。
無理なく、自分のカラダを預けて、カラダの重みを利用してストレッチをしていきます。

骨盤や骨盤周辺の筋肉(腸腰筋など)の解剖学的なお話を交えながら、ベーシックなワークをご紹介し、呼吸法を行ないました。
f0031709_1805214.jpg

ストレッチでは、「自分のカラダの重みを利用する」 という説明は始めて聞いたと、新鮮に感じられたようです。

ネコのワークでは、HPの写真で見て、説明文を読みながら行なっていたけれど、実際にチェックしてもらうと、感じが全く違うのが分かる。
f0031709_181165.jpg

皆さん始めて行なうワークでも、よくできていらっしゃいました。

エム・アイ・エルのワークは奥が深いので、できない方はそれなりに、できる方はより繊細に、ご自分のペースで行なっていただくことができます。

また機会があったら、こういったこともやっていこうと思ってます。

皆様、お疲れ様でした。
[PR]
by idun-2006 | 2007-10-23 18:02 | 和童塾

*身体のよりどころ・心のよりどころ* そんな小部屋を覗いてください


by idun-2006
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー