心と身体のよりどころ

idun2006.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 02月 ( 56 )   > この月の画像一覧

春に向けて

週末、病み上がりでモヤモヤしている身体をすっきりさせたくて、お散歩へでかけました。
春をいっぱい見つけられるかなって期待したけど、ちょっと早かったみたい。
でも、椿のお花が奇麗に咲いてました。
f0031709_95953100.jpg


そして、いつもは素通りしてしまう所に目を向けると、
f0031709_1042129.jpg

案内ボードの上に、こんな可愛い子がいました。

川に目をやると、
f0031709_1061236.jpg

f0031709_1073825.jpg川鵜です。
久しぶりに目にすることができました。
なにやら飛び出しそな様子。 落ち着きがありません。
カメラを構えていると。
飛び出しました。 でも・・・・、追いつかない。
夢中でシャッターを押したんですが、ちょっと厳しい。


お散歩は、自然と触れ合える貴重な時間です。
なんてこともない発見が、心を和ませてくれます。

My Home Page : Idun
[PR]
by idun-2006 | 2006-02-28 10:10 | ペット

Yちゃんの交換日記 1.28

昨日の熱は何だったのでしょう?また、始まってしまったのでしょうか?原因不明の熱。友達との約束も全部キャンセル状態です。動きたいです。いざ寝ていていい環境になると寝むれず、忙しくなると寝たくてたまらなくなります。過食は止まらずエスカレート状態。制限計画すらできないです。だけど、脱線していません。ちょっとイライラすることもあるけれど脱線しているわけでもないのでいいのです。DVDやCDのレンタルを考えたけれど、そこまで行くには遠すぎて歩いていくことは不可能です。自転車で行くことは可能だけれど自転車に乗っていいのかわからないです。お風呂で時間をつぶそうと思っても長く入れないので無駄です。読みたい本は貸し出し中です。しかも、欲しい本がありけれど高くて手に入っていません。専門書は高すぎます。今月は、収入が減ります。

イライラ~!イライラ~!もう、どうでもいいかな。診断とか医者とか・・・。とりあえず治ればいいし・・・。鎮痛剤を極力使わないと思ったのは、自分の体の機能を取り戻すため。今制限しているのも、無理しないためにオーバーしないためにしていること。医者の指示を聞く予定だったけれど、結局、わけわからないし無理にいろんな根拠を並べて整理して信じようとしたことも無駄な努力だった。今回は、自分のために最後は頼らないと決めていた先生に頼ったけれど、ちょっとびっくりだったな。これでも、今まで信じてきていたのにな。誤診とかに関しても先生に対してイライラしたりはしないけれど、「じゃーなんなんだ」という気持ちにはなるんだな。それって仕方のないことに思うけど。ちゃんとしたことを知りたいだけなのに・・・。いつも、濁すのは今までのあたしがいるからだけれど、いつもいつも話をきけないとか言葉にしないわけではないのに・・・。自分の症状を話すことは、自分にとって結構大変なことなのです。ちゃんと話そうと思えば思うほど言葉が出なくなってしまうのです。あたしに説明するのが大変と思うことはあると思うけど、言葉を砕けば砕くほどわけがわからないのです。むしろはっきりいってくれたほうがいいのにな。小児科や心理の先生に裏で話したことも気づかれないようにやればいいのにバレバレです。そんなことをするから、余計に疑ってしまうのです。自分が、全く知らないDrのところにいくことのが、最近良いとはおもうときがあります。だけれど、どうしてもやっと時と場合で先生をかえられるようにしてきたし、検査内容によっては薬を使わないといけないこともあるから、むずかしいのです。でも、これで整形のDrは3人自分の中から抹消されました。これで、良かったのかもしれません。早かれ遅かれこうなったようにも思うから。今唯一、一番うまくいっているのは心理の先生かもしれない。うまく距離もとれているし、担当から離れたからかもしれない。付き合いも一番長いのも一つかな。もう、7年になります。

ふと思い出した言葉・・・「自分の周りは自分で固めろ」「自分の身は自分で守れ」「金と人脈」」「価値・利益・意義となるものは、多少のリスクがあっても利用すべき、必要性がなくなれば捨てるべき」最近あまり意識してなかったな。時々、考えることもあったけれど、前ほど意識しなくなってた。久々に、一気に自分の中で抹消することとなる出来事があったからかな?自分の中で整理がつき処理してしまうと答えでるのに時間かからないし、答え出たときには、もう、いくらグタグタだったとしてもはやいからな。特に、自分のことでなければ早いし・・・。揺らぐこともまずないし・・・。
ただ一つ困ることが・・・。足のことに関して誰の指示も聞く気がなくなっている。今回のことでゴタゴタしたのはトレーナーさんには関係ないことで、むしろ迷惑かけているし・・・。病院側と自分の問題。でも、一度、自分の中で処理しちゃうと誰の言葉も聞けない。きっと、今回のことで医者が5人もいるし、まだ、メールでしか話していないから、何かズレずれている気もするけれど・・・。基本的に何もわからないしどうでもよくなっているし痛みさえ消えてくれればいい。治ればいい。病院にいかなければ、ただ痛めたで終わっていたのだから・・・。あーどうしよう・・・。どうしよう・・・。トレーニングもやめちゃおうかなー!?ってやめる気ないし・・・。開き直りは重要だけれど何を開き直るんだ?わけわかんない・・・。だってトレーニングは続けたいもん。でも・・・足のことどうでもよくなっちゃったもん。あーどうしよう。まじ、どうしよう。やっぱ痛いとか言わなきゃよかった。でも、トレーニングできなかったし・・・。続行可能ならむしろあの時なら言わなかったし・・・無理のラインを引いたのは仕方なかったし・・・これって自分に対する言い訳?無理のライン間違えた?なるようになるさ~ってならないし・・・。トレーナーさんにメール返信したはいいけど、文章作成の間に自己解決して処理しちゃった文章になっているし・・・。どんな風に伝わってしまったのだろう?それも気になる。だからと言って訂正する気もないし・・・。もう、自分の中で終わったことになってるし・・・まーいいや・・・なんて思えないし・・・。本気でどうしよう。なんか、別の考え思いつかないかなー?ドクターをもう一度信じるとか・・・まず、ない。信じる信じないは別として通院だけはするとか・・・それもない。一人でぐしゃぐしゃしていても仕方ないからおしまい。こんな日もあるさ・・・。いい意味で開き直れたかな?やっぱり開き直りは重要でした。おしまい・・・なわけないけれど、このままでも仕方ないので、一端、スットプしなくては・・・。

明日、どうやって説明すればいいのだろ~。とりあえず、医者から言われていることを話すけれど、どう話そう・・・。まじ、テンパってきたし・・・。というか何からどう話そう・・・。その前に、自分の中でも整理しないと、だんだん自分もわからなくなってきてるぞ・・・。とりあえず、自分の頭の中を整理しなくては・・・悩むならそれから・・・とりあえず、話すにしても自分が言われたことを言えばいいし・・・それが、難しいことであるけれど仕方ない。
[PR]
by idun-2006 | 2006-02-28 09:58 |

看病ネコ

f0031709_8391470.jpg
風邪引いて寝ていると、光冠が添い寝をしてくれます。

まどろみの中目を開けると、横に光冠のフワフワな身体が横たわってます。

なんとも幸せな感触で、気分が和みます。


f0031709_841862.jpg
寝飽きて起きると、
今度は沙門が一緒に遊んでくれます。



風邪を引いて寝込んでいても、気分が滅入ることなく過ごせるのは、我が家の猫達のおかげです。

でも、鼻が詰って息苦しいのに胸の上で寝られたり(←光冠)、
身体がだるいのに玩具の棒を振り回さなければならないのは、(←沙門)
ちょっとキツイんだけどなぁ。

My Home Page : Idun
[PR]
by idun-2006 | 2006-02-27 08:44 | ペット

Yちゃんの交換日記 1.27

今日もダラダラした一日になってしまいました。Drから診断結果の電話があり、誤診だということと肉離れだといわれました。痛覚についていろいろ質問されました。だけれど、先生は深読みしようとしすぎです。小児科で採血した検査結果と照合したのはいいけれど、裏でコソコソしないでほしかったです。そんなに、診断結果を話すことに戸惑うのはなぜかわかりません。診断を受けたくないと思っていれば診察には行かないです。結果も出たことなので、グタグタは終わりです。後は自分次第でどうにでもなります。
今日のものすごいびっくりした瞬間がありました。メールチェックしていたところトレーナーさんからメールが入っていました。文末にたばこのことが書いてあって内容を最後まで見る前に、すごいいいタイミングで吸う寸止めで焦ってタバコを消して、家の中にいるのに周りを確認しものすごく挙動不審の緊張が走りました。一気に目が覚めたし本当におもしろかったです。これでも一応、悪いと思っているのです。とくに最近は・・・。
夕方、一番最初に行った病院にリハだけのために行きました。今日のDrはいつもの院長です。カルテを見ているはずだけれど、触診してフイルムも診ずに全く違う診断をしていました。だけれど、自分自身何も聞く気もなく信用もしていません。セカンドオピニオンをしていることすら気づいていません。目的はリハ治療ができればよかったので完全無視です。次からは診察なしでリハだけできます。それが目的なのでいいのです。ただ、電気をあてるだけなのですが、ありえない痛みなのです。今までに何度かリハをしていますが、毎回、本当に痛いのです。なので、いつも続きません。でも、今回は続けてみようとおもいます。ただ、治療内容が変わったら中止と言われているので一週間変わらないでいることを祈るしかないです。
やっぱり、足を痛めてから体もガタガタ崩れてしまいました。熱が思いっきり上がってしまいました。だけれど、喘息があまり酷くないので風邪ではなさそうです。呼吸法をやっていたときに鼻血がでるなどちょっとおかしいです。先週も鼻血がでました。滅多にでないはずなのですが・・・。夜の筋トレは中止です。久々に39.4℃という熱を出しました。なのに、なぜかハイテンションです。だけど、いつものグニャグニャゴロゴロという状態です。薬に対するストイックから抜け出せているし、さすがに、この熱と生理前なので鎮痛解熱剤を飲みました。足の痛みは寝ると出ます。なんなのでしょう?熱がありながらもパソコンをする自分がすごいです。
[PR]
by idun-2006 | 2006-02-27 00:29 |

寝顔

沙門が寝顔をみせるのは、とっても珍しい。
f0031709_995259.jpg

ひっくり返って寝て、アゴを見せることはあっても、寝顔はなかなか拝ませてくれません。

寝顔もまん丸お顔。
f0031709_9125581.jpg

最近は、このベッドがお気に入りの場所。
でも、せっかくの潜れる屋根付きベッドなのに、すっかり屋根を潰してしまいました。

時たま光冠もこの上で寝てますが、光冠は丸くなって寝るのが苦手。
身体を伸ばすと半身は外へ流れ出ています。

昨日は風邪で1日ダウン。
家に居てネコの寝顔を眺めていると、久しぶりで苦しい風邪の症状も、
一時忘れさせてくれます。

My Home Page : Idun
[PR]
by idun-2006 | 2006-02-25 09:19 | ペット

Yちゃんの交換日記 1.26

朝から病院に行きました。この2日なぜか憂鬱で仕方がないです。だんだん診断とかどうでもよくなりました。診断が出る前に復活できるようにも感じてしまいます。体を無視した結果痛めたということで良いはずです。今日の先生は、確かに再検査もしてくれてしっかり見てくれたと思うけれども、真逆のことを言われどれを信じていいのかわからないです。いつも顔色を伺ってくれるけれど、それが逆に不安になります。一番肝心な部分は伝えられず曖昧のままで留まってしまいます。最終的には自分の判断になるのはわかるし自分の責任というのも当たり前だけれど、トレーニングのことに関しても「自分はどうしたいのか」と聞かれ、当たり前のように「できるならやる」と返せば「自分の足と相談しながらやってもいいけれど、きっと今の状況だと厳しいよ。」など言っているけれどどうするかを全て自分で決めるとなったら、わからないのです。知識のないこともですが自分の感覚も信じてよいのかわかりません。今、自分が脱線していることも気づいているし、グラグラになっていることもわかっています。診察のことも自分が納得できて話ができる状態になったらいつでも良いから診察に来るようにいわれ、他の意見を聞きたければ検査データと文書をつくるといってくれるけれど、どうして、そんなにガードの中にいつもいるのかわからない。そんなに自分は顔色伺われ、診断結果すら言えない態度なのかと思ってしまう。認知できる状態になるまで待つと言われたりもしたが、認知も何も普通に診断結果を伝えてくれたほうが、すっきりするしその後どうするかは、それこそ自分で判断できます。歩くことも今はきついけれど、何にもしていないときは普通です。だから、歩くことも走ることもいつものトレーニングもできると思ってしまいます。それに、自分の歩くことがきついことにも疑いを持ってしまいます。いっその事、一度ジョグとウォーキングをして自分ができないことを確認し諦めさせることをしたくなります。痛めたことで再度確認できたこともあります。トレーナーさんもいっていたけれど、チャンスをまた与えられています。ただ、今の状態でどうしていいのかわからないです。きっと、部活をしていた時の自分であれば、今の状態を中途半端として痛みを無視しいつも以上にガンガンやると思います。本当に動けなくなり諦めに入ります。実際、自分でその道を選ぼうとしているけれど、どこかでそれを止めています。
止められない過食嘔吐。どんどん前の体型に戻ってしまう。前回の生理はセーブできて乗り切ったのに今回はガタガタです。一度、制限をして止めることが一番早いのです。やるなら今だとわかっています。今週いっぱいまでの3日間。それでも、落ち着かなければ落ち着くまでです。3日間は起きることがなさそうです。これをするために薬を使うのはどうなのでしょう?良いことではないということぐらいわかるけれど、足も痛めてることでもあるし迷います。横道反れた自分をどう元に戻すか問題です。今回は、極端に外れているわけではないけれど、エスカレートすればありえない方向に突き進むことになるでしょう。何か、きっかけとなる出来事を見つけなければ変わりません。自分を起動させなければ・・・何か行動起こさなければ・・・何がいいのでしょう?
[PR]
by idun-2006 | 2006-02-25 09:08 |

寝床?

朝、光冠の姿が見えなくて、探していたら、
f0031709_7425776.jpg

ゆらゆら揺れる洗濯機の上で、揺り篭に揺られているように寝てました。

脱水の時は、揺り篭なんて優しい揺れじゃなくかなりの振動なのに、本人は平気な顔して寝てました。

暖かいわけでもなく、何がいいんでしょうねぇ。

My Home Page : Idun
[PR]
by idun-2006 | 2006-02-23 07:46 | ペット

Yちゃんの交換日記 1.25

[メニュー]
腕立て50回+クランチ30回・リバース20回(3セット)+足上げ5種50回+ストレット+呼吸法5種

今日は、気分的に変な1日になってしまいました。朝起きて昨日の歩けなくなってしまった騒ぎから一変して、痛みも感じず足が重い程度でした。だけれど、とりあえず、メニューを取りに行きたかったのと、足のこともあったのでトレーナーさんに会いました。歩いてみたらやっぱり激痛でした。走ればバランスを崩して転ぶということだけはわかりました。トレーナーさんと話した後、整形に行きました。担当医は休みで非常勤のDrでした。X-Pと触診しての診断は、親指のヒビが入っていたことと第5中足骨筋断とのことでした。だけれど、納得できない自分がいたために、セカンドオピニオンで別の病院に行きました。エコー・X-P・触診の結果、同じ診断をされました。だけれど、断裂していて5㌔の距離を走れると思えない。何もしなければ重い程度の違和感しかないこと。一番、疑問なのが親指のひび。自分が疑う理由はDrの反応。「一番、考えられることは昨日・一昨日のことではなく、もっと前に痛めのでは」と言っていた。だけど、どの道、気づくはず。肉離れ・関節炎・筋肉炎症に気づくのに断裂やヒビに気づかないのは何か変。「セカンドオピニオンしてくるぐらいだから診断疑っている?納得いかない?」と言われてしまい、焦ってしまった。だけど、誰に聞いても普通気がつくと言われる。ただ、一定ラインの痛みを超えてしまうと怪我以外でも何も感じられなくなってしまうのだけはわかっている。今、その状況の狭間にいることもわかっている。結局、ラインを引かないと決めたことがマイナスとなってしなった。甘えと逃げと限界の境界線がわからない。ただ、暴走していたわけでもなく本気で体慣らしをして、自分で何とかできる不安を軽減させるためでもあった。体力的にも体が全然追いついていなかったことは事実です。だけれど、やるとやれてしまうものに対して抑えるということは、頭の中にありませんでした。むしろ、やり続ける中で身についてくるものだと思っていました。確かに、何度軸を確認してもズレていたことも重心を感じられなくなっていたことも事実です。薬の影響で神経がここまでガタガタになってしまうのでしょうか?足のことは、取り合えず痛みさえなくなれば良いのでこれで考えるのは終わりです。どうしても納得が行かなければ、明日、もう一人当たれるDrがいるので検討してみようと思います。
生理前になった様子。また、尿閉が始まり過食もエスカレート。最悪です。過食を生理の理由にしないとしたものの止まらない。足も怪我したから食事を元に戻すために、一度、食事制限をしたいようにも思う。ただ、それがいいのかわるいのかわからない。時に失敗すると、今度はそのまま拒食に走ってしまう可能性もある。今の自分でいろんなこと考えても答えが出せなさそう。
明日のトレーニングは、できる範囲でいろんなチェックの時間になるといいと思います。
[PR]
by idun-2006 | 2006-02-23 07:41 |

しつこいお腹

先日、100レップトレーニングを終えて帰宅すると、ネコ砂トイレにゆるゆるウンチがしてありました。
f0031709_4594361.jpg

最近の光冠は、ゆるいウンチに砂をかけるのを放棄しているので、目にした瞬間衝撃的な映像が目に飛び込んできます。
 
抗生剤が善玉菌をも死滅させているにしても、薬がきれてから3日も経つのに、まだゆるいのはおかしい。
トイレを片付けたものの気になったので、疲れた体に鞭を打って、光冠を病院へ連れて行きました。

f0031709_4413562.jpg大きくなった光冠は、このような余裕はなくなっています。
このバックにほぼ詰め込み状態。上部のメッシュ地に鼻をこすりつけてます。

「可哀想だけど、ちょっとの間だから我慢してね。」 と言い聞かせながら光冠を押し込み、自転車をかっ飛ばしていざ病院へ。

先生に新鮮な物を手渡して待合室で待っていると、奥のほうから先生のうなり声が聞こえてきました。

ふぅ~、う~ん、・・・・ブツブツ。。。。

呼ばれて診察室に入り、説明を伺いました。
光冠のお腹に、まだジラルジアが残っていたんです。

途中間が空いたりしてますが、約一月前から薬を使っているのに、まだ落ちきってないしつこいジラルジア。
この寄生虫を完全に排出しないと、腸内細菌も安定せず、光冠のお腹は回復しません。
先生もこんなにしつこいのは始めてだと、頭を抱えてました。
とりあえずまた10日間、薬を飲ませて様子を見ます。

「いや~、本当にしつこいですね。
私ももう一度ジラルジアに対するデータを調べてみます。普通こんなにかかることは考えられないんですけれど。。。すみません。」

と先生に謝られてしまいました。
いや先生こちらこそ、なんとかコロちゃんのお腹がよくなるように、よろしくお願いします。

*おまけ*
不審に思った先生は、沙門にも疑いの目を向けましたが、たまたま持参した“物”に沙門のも入っていたので、調べてもらいました。
シャモちゃんのウンチは、“理想的”なウンチでした♪
「こうでなくちゃいけないんだよ。」と先生の太鼓判をいただいた沙門のウンチです。

My Home Page : Idun
[PR]
by idun-2006 | 2006-02-22 05:02 | ペット

初物

遂に今シーズン初の風邪を引いてしまいました。
今までグスっときても、初期段階の処置で収めてきてましたが、今回は効きませんでした。
春のように暖かい日があったかと思えば、翌日には寒風にさらされたりで、身体がついていけなかったようです。
先日の100レップトレーニングで、疲労していたのも、抵抗力を失った原因かもしれません。

久しぶりに引く風邪は、結構こたえます。
・・・・それでも仕事に行かねばならない。

サラリーマンとは違い、ある程度の時間の余裕があるのがせめてもの救いです。

これ以上ひどくならないように気をつけなきゃ。

My Home Page : Idun
[PR]
by idun-2006 | 2006-02-22 04:29 | 身体

*身体のよりどころ・心のよりどころ* そんな小部屋を覗いてください


by idun-2006
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー