心と身体のよりどころ

idun2006.exblog.jp ブログトップ

久々の

久しぶりに8度越えの熱を出して寝込んでました。

今回は前触れなしにいきなり体調が悪化。

  なんとなく咳が出るし、 熱っぽい? 風邪?

と思いつつ仕事をしていたら、翌日には声も変わって完全なる発熱。
こじらせたくなかったので病院へ行くと、気管支炎との診断。

前回、耳鼻科で処方してもらった薬に納得がいかなかったので、今回は内科を受診。
初めて行った開業医のところで一抹の不安があったものの、まず聴診器でわずかな雑音を聞き取り、レントゲンに血液検査と万全を期してくださった。

苦しい時間が長くなると、あれやこれやと余計な心配が湧いてきて、自分で勝手にあらぬ病を想像してしまうものだけど、今回は医師が先手を打って検査してくださったおかけで養生に徹することができた。

とはいえ一週間と長引いてしまうのは、抵抗力が落ちていることなんでしょうね。
今回の医師の処方は納得のいくものだったものの、お腹が不快な状態になったのには抵抗を感じた。
お腹がゆるくなって腹に力が入らないし、熱が下がってからは気持ち悪くて動けなかった。

”熱がつらかったら解熱剤飲んで” 

熱は体の中で菌と戦っている証拠だから無暗にブロックしてはいけない?
咳は肺の中の悪いものを出している?

などと耳にしたことがある。
解熱剤、咳を抑える薬、炎症を抑える薬を手に矛盾を感じるものの、結局はこれらの薬を服用しないと喉が炎症してしつこい咳がエスカレートし、さらに熱が高くなって眠れないなどといった悪循環の中でもがき離床できない時間を長引かせて体力を消耗させてしまう。

今回は熱が下がらず咳込むことが多く、再び元気に動き回れる日はないと思わされてしまう苦しみでした。

やっぱり健康が一番!
[PR]
by idun-2006 | 2014-04-15 14:31 | 身体

*身体のよりどころ・心のよりどころ* そんな小部屋を覗いてください


by idun-2006
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31