心と身体のよりどころ

idun2006.exblog.jp ブログトップ

子宮内膜症

私が「子宮内膜症」の診断を受けてから、かなりの年月が経ちました。
数件の医療機関を受診し、疑問に思うことが続き、症状もまったく緩和されないので、医療機関の受診は断念しました。

主人がいたときは、ブレインストレッチを施してもらえることもあり、なんとか痛みのコントロールができていたのですが、主人の病以来、自分の身体の調整どころではなく、気が付くとコントロールが難しい状態に歯止めがかからなくなってきていました。

婦人科の受診がかなり遠のいていることもあり、「子宮内膜症」に対する病理学の進歩に期待して、婦人科の診察を受けてみることにしました。

いろいろと検討した結果、今回は総合病院の中の婦人科で、女医さんの診察を選んでみました。

今度の医師は想像していた女医さんとはいい意味で違っていて、
サバサバとした男性的で簡潔な診断・診療をしてくださる先生です。

現在に至るまでの経過をざっと話しただけで、先生はやるべきことを即決した様子。
医師の見立ては、骨盤内の血流の悪化です。
診察で、腸の血流を促すマッサージを施してくれたのですが(詳しい手法は説明できません)、これが非情に痛い。 痛いことが正常ではない証しなのですが、下腹部の力を抜くように言われても、呼吸法でのコントロールもできないくらい痛かった。

以前の医師は、血液検査、腹部エコーなどの検査をしたうえで、結果的に症状に対する対処しかしなかったのですが、今回の医師は検査はせず、血流を改善させる目的の漢方を処方してくださいました。
これは日本漢方の薬剤なので、あまり期待はしていないのですが、一応、私が取り入れたい漢方薬だったので、しばらくは真面目に服用してみます。

漢方と同時に、今回の受診で自分で行う対処法のテーマも絞ることができたので、もろもろ試しつつ経過を追っていこうと思います。

これが効いたら、同じ悩みを持つ方にも必見です。
[PR]
by idun-2006 | 2012-07-09 22:24 | 身体

*身体のよりどころ・心のよりどころ* そんな小部屋を覗いてください


by idun-2006
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31