心と身体のよりどころ

idun2006.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

高尾の紅葉

とにかく 紅葉三昧 高尾の紅葉をぜーんぶ ご紹介します。
f0031709_22415277.jpg

ここは山頂の紅葉。 人がいっぱい!
f0031709_2242352.jpg

どっかと紅葉だらけなのかと思えば、たいしたことなかったりして。
f0031709_22425454.jpg

人がすごすぎて、これ以上奥まで行く気が失せてしまった。
f0031709_22432280.jpg

薬王院の紅葉。
f0031709_22434874.jpg

こんなとこにも ちょこっとあったのよね。
f0031709_22453533.jpg

一号路を下山途中に見つけた一角。
f0031709_22465055.jpg

下山してたどり着くケーブル乗り場。
ここの紅葉が一番見ごたえあった感じ。

っでも、やっぱりきれいよね!
広大な高尾山の自然の中で、紅葉の木はほんの一握り。
だから、たいしたことなく感じてしまうのね。
こうやって写真のフレームの中に切り取ってしまうと、それなりに見えるんだ。

週末、高尾へ出かけてみたらいかがですか?
人は多いけど、やっぱり気持ちいいですよ。
[PR]
by idun-2006 | 2010-11-25 22:49 | 心と身体のストレッチ

ワークショップ

28日の日曜日は和童塾のワークショップです。


今回のテーマは、昨日行った「骨盤体操」にしようっかな。。。

スタジオはいつもの新宿スタジオ、11時15分から始めます。

詳しくは、MILのHPのお知らせをご覧ください。

f0031709_11554840.jpg

昨日のスタジオは1時間しか時間がなかったので、かなり大雑把な説明になってしまいましたが、ワークショップではもう少し詳しく身体の動き、操作を確認していきます。

ご参加を希望される方は、エム・アイ・エルまで連絡してください。
[PR]
by idun-2006 | 2010-11-24 11:54 | 和童塾

スタジオ イベント 「骨盤体操」

今日は、いつもお世話になっているスポーツクラブの祭日特別プログラムにイベントとしてスタジオプログラムに初参入させていただきました。

プログラムのお題は、「骨盤ダイエット体操」。

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、エム・アイ・エルの前身「動作改善研究室」の故松本義光先生は、リクシアという骨盤矯正マシンを創られました。
現エム・アイ・エルでも先生のノウハウを受け継いで、骨盤に関する知識とワークはちとこだわりがあります。

スタジオの場合難しいのが、始まるまでどのくらいのレベルの方がどのくらい集まってくださるかです。
エム・アイ・エルのワークは、初心者もアスリートも同じ場で行うことが可能です。
レベルの違いは意識の持たせ方でカバーできます。
できる方にはより奥深く、細部にわたって意識してもらいます。
うんちくを述べるととかく小難しくなる内容を、どれだけ端的に楽しく伝えることができるかで、スタジオ全体のまとまりに差が出てしまいます。
楽しいだけではダメ。
身体のことを勉強しながら、適した動作を楽しく勉強していく。
それがエム・アイ・エルのスタジオワークの目指すところです。

今回設定していただいた17時15分から1時間という時間帯も、デイタイム会員さんは参加できないこともあり、祭日とはいえけっこう難しいスポットとの印象を持っていました。

さて、今回集まってくださった会員様たちは、プログラムのお題が「骨盤ダイエット体操」だったこともあり、多くの女性と男性がお一人参加してくださいました。
若い方もかなり目に留まり、スタジオいっぱいにストレッチマットが広がりました。
お伝えしたかったことがどれだけ受け止めていただけたか定かではありませんが、参加されているみなさんの表情からすると、それなりにいけたかもって感じです。
終えた後に楽しかったとのお声もかけていただきましたし053.gif

何をやったのか? ですよね。
骨盤の歪みを自己チェックし、自己矯正させるワークを二つばかり紹介しました。
股関節回しのワーク。骨盤と胸郭を分離させるワーク。そしてお遊びで床に文字を書くワークを行いました。
かなり大ざっぱ説明になりましたが、骨盤と胸郭をどう操作するのか、少し意識してもらえるようになったのではと思ってます。

普段パーソナルを受けていただいている方も参加してくださったのですが、新鮮に感じられた内容だったそうです。
普段ウェイトトレーニングとスタジオプログラムに参加されているのですが、骨盤体操を受けた後にクロストレーナーをしたら、いつもより燃焼効率がよくて、身体もスムーズに動けると喜んでいらっしゃいました。

機会があったら、また違うテーマでやってみたいですね。
[PR]
by idun-2006 | 2010-11-23 23:55 | ストレッチ

高尾山イベント  

行ってきました066.gif 今月も高尾山に登ってきました。

f0031709_10175647.jpg

いやはや、予想どおりのすっごい人でしたが、街中の人混みとは体感が違うところが高尾山です。

相変わらず駅前は原宿の竹下通り状態。
待ち合わせには携帯がないと出会えない人混みです。
登山口までも牛歩の人並。
そして困るのがトイレ。
登山道に入ってしまうとほぼ山頂付近までトイレがないので駅周辺で済ませるのですが、考えることは皆同じで、トイレは長蛇の列です。
ほぼ30分待たされてしまいました。

今回はカメラ片手に登ったので、数回に分けて写真を紹介します。
f0031709_1028174.jpg
高尾の秋を満喫してください058.gif

f0031709_1032245.jpg

今回も先月同様に、登りは6号路で下りは1号路を選択しました。
6号路は小川に沿った登山路なので、マイナスイオンいっぱい。
f0031709_10414797.jpg

乾燥しがちなお肌も髪の毛もしっとりと潤う、大好きなスポットです。
f0031709_10421870.jpg

小川のせせらぎを耳にしながら、森の木々のエネルギーと自然の潤いに包まれて、心も体も潤いながら登っていきます。
f0031709_10411792.jpg

頂上付近に達すると、最後に階段地獄が待っています。
f0031709_1043431.jpg

これは6号路の終盤の階段。 こういう階段が続くんです。
まだ一気に登りきることができません。

そして登り切ったところが山頂。
f0031709_10452642.jpg

今回は富士山は見えませんでしたが、この眺望を拝むことができるのが、頑張った証。
ただし、山頂もすっごい人でした。

入山したほとんどの人が山頂でお昼にするので、そこらじゅうに人だらけです。
今回、私たちは先月の教訓をもとに、山頂から少し外したところでゆっくりとお昼をいただくことができました。
ほんと、自然に包まれた中で食べるおにぎりは最高に美味しい!
手作りお弁当なんか持っていけたら、さらに充実感に浸れるんでしょうが、まぁ、贅沢は言わず、おにぎりだけでも身体の細胞は喜んでくれてます。

次回は「高尾の紅葉」です。  ~つづく
[PR]
by idun-2006 | 2010-11-22 10:13 | 和童塾

卒業生レポート - ストレス

スクール本科が受けていただいた卒業生に提出もらうもう一つの課題「ストレス」についてのレポートを、数回に分けてご紹介していきます。


ストレスとは、「外圧に対する内圧の変化!」この定義が、頭に残った一言である。
例えば、丸い風船を外側から押してみると形が変化する。外部からの圧力に対して内部では圧力が変化する(ある一線を越えると割れてしまう)。このような変化=ストレスと学んだ。
(医学用語では種々の外部刺激が負担として働くとき、心身に生じる機能変化。俗に精神的緊張を表す。)

今回の講習で最も時間をかけて学んだことが「ストレス」だった。今まで、ストレスを感じたことはあっても、それについて詳しく考えたことはなかった。そして、学べば学ぶほど様々なケース(例えば、人によって感じ方が違う・場合によって変わるなど)があり、難しさを感じた。しかし、社会生活を行なっていくうえでストレスを切り離して考えることは出来ないこともあり、しっかり取り組む必要性を感じた。
現代は情報化社会となり、情報の伝達スピードはとても速く、めまぐるしく変化する状況に対応することが要求されており、心にも体にも過度な負荷(ストレス)がかかりやすくなっている。また、ストレス社会とも呼ばれており、ストレスが原因⇒病気、多発する凶悪事件などにも大きく関わっている事例もあるようだ。

このレポートでは、まずストレスについて簡易的にまとめ、以降ストレス反応について主に考察してみる。

○要因、
1,環境的(寒暑・騒音・化学物質など物理化学的なもの)
2,身体的(飢餓・感染・過労・睡眠不足など生物学的なもの)
3,精神的(緊張・不安・恐怖・興奮・社会的なもの)など多様である。
○反応、心拍・発汗・呼吸・血圧・血流の上昇が起こり、ストレス反応に対応するためホメオスタシス機構が働く。
○結果、極端なストレス・長期にわたるストレスが続くと身体の変化を引き起こす。⇒ストレス反応・一般適応症候群とよばれる。
○対処、自然エネルギーに触れる・系統立てて考察・平素から準備をする。

f0031709_11353954.jpg

この冒頭部分では、レポートにも記されているように、ストレスの要因から反応、結果、対処のプロセスについて、とても簡易的にまとめています。
もう少し私たちの身近な事柄で捉えてみると、
環境的要因:家が狭い、暑い・寒い、勤務先が遠い等
身体的要因:鼻が低い、脚が短い、一重瞼、縮毛など
精神的要因:短気、臆病、失恋、身近な人の死など

「そういうのあるな」って共感できるところもあるのではないでしょうか。
ここで挙げた要因は、すべてネガティブな内容です。
みなさんに例を挙げてもらうと、こういったマイナス要因がたくさん並んでいきます。

では、見方を変えてみると、
環境的要因:家が広すぎる、会社・学校が家から近すぎる。
身体的要因:手足が長い(既製品の洋服が合わない)、色が白い。
精神的要因:恋愛、温厚な性格、結婚。

一般的に捉えるとポジティブなプラス要因であっても、時に負担となることがあります。
人によって、状況や受け止め方の違いによって、プラスにもなりマイナスにも働きます。
考え方の相違や性格の違いによって判断が異なるのはわかりますが、それってどういうことでしょう。
自分にとって都合のいいことなのか、都合の悪いことなのかでプラスかマイナス要因なのかの判断をしていると考えてみると、頭の中が整理しやすくなってきます。

では、そのあとの反応・結果・対処法について、もう少し詳しく解説してみます。 (つづく)
[PR]
by idun-2006 | 2010-11-17 11:35 | スクール

3Dストレッチ vol.6

f0031709_1545482.jpg


1-4
胸郭(アッパーボディ)と骨盤(アンダーボディ)の分離

アッパーボディとアンダーボディに左右軸を元に骨格を操作します。

1-3で身体を前傾させて体幹を丸めたら、アンダーボディとアッパーボディの操作を続けて身体を丸めたままの状態で身体を起こしてきます。

アッパーボディは前傾、アンダーボディは後傾の状態が崩れないように骨格の動きに集中します。

そのまま起き上ったら坐骨に乗り体幹をまっすぐにし、坐骨、背骨の内側を通して頭のてっぺん(天中)に抜ける軸を通します。

このまっすぐな状態から1-1の操作から1-4へとよどみなく骨格を操作して体幹がうねるように動いていきます。
[PR]
by idun-2006 | 2010-11-15 15:57 | ストレッチ

3Dストレッチ vol.5

f0031709_23233827.jpg


1-3
3Dストレッチ アッパーボディとアンダーボディを分ける

左右軸の操作です。
1-2の流れから上体を倒したら、骨盤(アンダーボディ)を後傾して胸郭(アッパーボディ)を前傾させて、身体を丸めます。

肋間筋を収縮させて形作るのではなく、あくまでも骨の操作に意識を集中します。

呼吸を止めないように注意しましょう。
[PR]
by idun-2006 | 2010-11-14 23:27 | ストレッチ

3Dストレッチ vol.4

f0031709_2155261.jpg


1-2
アッパーボディとアンダーボディを分ける3Dストレッチ。


鼠蹊部から上体を前傾させます。
アッパーボティは後傾、アンダーボディは前傾のままです。
背中が丸まらないように注意します。

背筋を力ませずに骨の動きに意識を集中します。
呼吸が止まらないように、ゆっくりと吐きならがカラダをたおしていきます。
[PR]
by idun-2006 | 2010-11-11 21:09 | ストレッチ

3Dストレッチ vol.3



1-1
アッパーボディとアンダーボディを分ける3Dストレッチです。
左右軸を意識して身体を操作します。

腕を後ろでくみます。
骨盤(アンダーボディ)を前傾させて、胸郭(アッパーボディ)は後傾させます。
体幹が弓なりになった形になります。

あくまでも筋力で形を作るのではなく、骨の操作に意識を集中させましょう。
f0031709_20254622.jpg

[PR]
by idun-2006 | 2010-11-10 22:47 | ストレッチ

K1ファイターズ

久しぶりにK1を観ました。

主人がいたときはつられて一緒にみてたんですが、彼がいなくなって次第に遠のいていきました。
元々人を殴ったり蹴ったりすることに違和感があったんですが、主人の解説を聞いてファイター達の逸脱した運動能力を見極める面白さを見出していました。

魔沙斗くんも引退しちゃったし、しばらくK1から離れてたら登場する選手がすっかり様変わりしてるんですね。

おとといの土曜日に、パーソナル活動をしているホテルのスポーツクラブにK1ファイター達が訪れました。
でも、その時は彼らが選手とは思わなかったんです。
実は セコンド?くらいに思ってました。
だって、私が見てた頃のファイター達って、もっとデカかったし。
ボブサップみたいな化け物級のファイターが活躍してたし頃ですから。
今の選手達は、キレのいいしまった身体なので、トレーニングウェアやTシャツを着てると その凄さが隠れてしまうんです。

“いいフォームでジョギングしてるなぁ。 なにかスポーツしてるのかな?”
と思ってみてたのがペトロシアンでした003.gif

ザンビディスなんて、完璧にセコンドだと思ってました(ごめんなさい)008.gif
だって、ほんとに小さかったんです。
ピーター・アーツやシュルツなんかのパンチを受けたら吹っ飛んじゃうじゃないかと思うくらいの体格差です。
でも、実際に試合を見るとパワーがありますね。

知ってたら、もっと彼らの動きを観察したのに。。。 残念。

そんなきっかけがあったもので、久しぶりにK1をみたのでした。

パンチだのキックには抵抗がありますが、自分にないパワーを彼らのパフォーマンスを通して少し得られた気がしてます。047.gif
[PR]
by idun-2006 | 2010-11-08 23:11 | 徒然ごと

*身体のよりどころ・心のよりどころ* そんな小部屋を覗いてください


by idun-2006
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー