心と身体のよりどころ

idun2006.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

崖っぷち

現在の私は、崖っぷちにたたされているのかもしれない。

主人が亡くなり、一人ぼっちの生活を始める中、いろんな壁にぶつかる。
そのたびに主人が恋しく、二人で過ごした生活を懐かしむ。

おとといの夢の中に、主人が出てきてくれました。
不安におののく私を、優しく抱きしめてくれた。
ひと時の安堵感。
でも、目覚めるとそこは現実の世界。

今現在は崖っぷちだけれど、そのまま行き詰るか先へ進む道を見つけることができるかは自分次第。
自分の志次第で、この先の人生が天と地ほどかわってきます。

勇気をもって前進する。
自分が何をしたいのか、目的を明確にする。
そして、自分が目指した未来を信じて、全力で立ち向かう。

疑う思い、不安、挫折感など、マイナス思想が一切あってはならない。

たやすいことではないけれど、勇気と自信がなければ、先がつながらないと強く感じてます。
先につなげるための準備と努力は必要。
あとは、自分の持っているエネルギーをどれだけ集中して注げるかです。
[PR]
by idun-2006 | 2007-04-29 22:36 |

嬉しい報告

先日、施療を受け続けてくれていた会員様より、嬉しい報告を受けました。

彼女が私の元へ来てくれたのは、半年以上前。
何か悩みを抱えているように思えたので、施療の後で何気なく聞いてみると、
不妊治療を受けていて、精神的にも肉体的にも負担を感じていました。

ご本人が感じていた負担が、筋肉の緊張として身体に現れていました。

筋肉が硬くなり、身体全体が固まっていると、治療を受けていてもいい結果がでないばかりか、他の臓器にも負担をかけてしまうので、無理のない範囲で施療を続けて、身体を緩めるように勧めました。

あまり詳しい事は聞きませんでしたが、かなり治療を受けているけれど、いい結果が出てない様子でした。

彼女はコンスタントではありませんでしたが、あまり間が空かないように施療を受け続けてくれてました。

そして、先日久しぶりに姿を見せてくれて、嬉しい報告をしてくださいました。

「子供ができたんです。 4ヶ月です。」

“ずっとできなかったのに、妊娠しました。”  って報告を受けたの、これで2回目なんです。

家の施療自体そのものに、不妊治療に有効とされる実証データを取ったわけではありませんが、硬縮した筋肉を解すことで血流が促され、臓器が活性して機能が活かされたということは十分考えられます。

いずれにしても、心の状態と体の状態により、身体の機能は上昇もすれば下降もします。
心をメンテナンスするのは、なかなか難しい。 一長一短では変えられません。
賢い人ほどいろいろ考えてしまうから、知識が邪魔をして本質のメンテナンスができないんです。
でも、身体からアプローチするメンテナンスは、比較的効果がでやすいです。
施療ベッドの上で、お任せ状態で心地よさを堪能してもらえれば、自力で身体が緩んできてくれます。
無理に誘導していないから、身体は心地よさを学習して、より心地よさを求めて身体を緩める信号を送り出すように変化して、“凝らない身体” になっていきます。

実際のところはわかりませんが、これで彼女も精神的に少し落ち着くでしょうし、願いが叶って明るい未来に向けて歩みだせるわけですね。

よかった~!  おめでとうございました♪
[PR]
by idun-2006 | 2007-04-27 11:20 | 徒然ごと

オモチャだよ---!

f0031709_1173291.jpg

ご近所さんからいただいたオモチャ。

ねずみの胴体にキャットニップが入ってます。

コロちゃん、遊ぶ~?


f0031709_1191358.jpgf0031709_1192313.jpg

いたぶる光冠。 ネズちゃんの運命も、儚いかもねぇ。


一方沙門の反応は・・・・。

f0031709_1110394.jpg

おお? 良い感じに反応してる・・・・と思ったら。


f0031709_11111862.jpg

なんとネズちゃん本体ではなく、 

入っていた袋に反応してました。(笑)

なんで~?
[PR]
by idun-2006 | 2007-04-26 11:13 | ペット

歯科診療

病院の中でも一番苦手なのは、歯医者さん。
子供の頃から歯の治療には泣かされてきました。
いや、歯科医の方が泣いてたかも。
私の歯は医者泣かせらしい。

随分前から歯の治療をしたくて、昨年やっと病院へ行かれるようになったのに、
主人の病が発覚して、途切れ途切れの治療になっていました。
治療の途中でストップして、何ヶ月も経ってしまった挙句、昨年末に治療中の歯が折れてしまい、休日診療している病院を見つけて駆け込みました。
年が明けて、通院中の病院へ行って治療を再開したら、また主人の体調が悪化し途絶えてしまい、先週、やっと治療を終えることができました。
1本の歯に、何ヶ月かかっただろう。。。。

しかし、歯科診療の費用は分からない。
今回は、知人の病院へ出向いたこともあり、今まで支払ってきた治療費がうそのような料金で済んでしまった。
以前に行った病院では、通院するたびに5千円札がお財布からでていったのに。
今回は300円とか、500円とか。

先生が上手に噛み合わせを調節してくださり、快適になりました♪

なんか得しちゃった気分。
今まで何万も払ってきた治療費なのに、今回の通院分をトータルしても1万円に満たないと思う。
知らないって事は恐ろしい。
今まではなんの疑いも無く、歯の治療にはお金がかかると思っていたのに。
治療方法に関しても、お金をかければきりがないけれど、必要性があるかどうかの判断は、専門家の豊富な経験から得た見識を参考にできるとありがたい。
今回の私の治療に関しても、選択肢はなくセラミックを使うしかないと思っていたのに、保険適用内で見た目セラミックと変わらないものができると教えてもらえた。

ってなことをいろいろ考えると、今まで行っていた病院は、ボッタクリってこと?
[PR]
by idun-2006 | 2007-04-25 22:35 | 徒然ごと

休養日

久しぶりのOFF。 今日は一日何もない。
後で近所の銀行へ行くだけ。 仕事はない。

何ヶ月ぶりだろう。。。
ずっと走り続けてきた気がします。

火曜日は何もないと気づいた一昨日から、“何しよう” ってわくわくしてました。

結局なんてことなく、いつもの通りお花の手入れして、ちょこっとお掃除して、パソコンに向ってます。

今日は仕事しない! と決めていても、あれやっとかなきゃこれやっとかなきゃ って
普段手をつけられないことをやりたくなってくる。

・・・光冠が突きにやってきた。 お風呂いれちゃうぞ~! (←これも普段できないこと)

なにしよっかなぁ~ って考えているうちに、一日が終わってしまいそう。
もったいない。 

気づいた事から手を出していかなきゃ、な~んにもしないで終わってしまう。
そんな一日にしてもいいんだけど、
用事があるときに 「これやってしまいたいけど時間がない」 と気にかかりながらもやり過ごしている事を、この貴重な一日オフの日にやってしまいたい。

光冠と沙門と遊んでやりたい。
HPのメンテナンスしなきゃ。

これでお天気だったら お散歩行きたい! も加わっていることろでした。

そろそろ自分にエネルギー充填させる時間を、意識して作らないと。。。
少しずつ整える方向へ向けられるようになってきた気がします。
[PR]
by idun-2006 | 2007-04-24 10:46 | 徒然ごと

和童塾 4.22

今日のテーマは、立位と重心軸のコントロール。

立ち方の再チェック。
股関節の内転・外転を利用した力の通し方。
四股立ちでの体の支えるポジション。
脱力系 軸バウンド。
などを行いました。

今日のテーマはかなり重要。

なんたって毎日立っているわけだし、動く事で重心軸が移動するわけだから、
どれだけ利に適った立ち方重心軸の取り方をしているかで、
身体が受けるストレスは激変します。
どんなに教室の中で一生懸命やっても、教室から一歩でれば
いつもの自分に逆戻り・・・では、なんにもなりません。

ストイックになる必要はないけれど、やっぱり日常生活に活かさなければねぇ。
だから今日のテーマは重要。
日常の基本的な動作に即しているから。

忘れてもいいのです。
一日どれだけ思い出して修正するかが大切。

さて、今日は松本先生の四十九日でした。
和童塾を早めに切り上げ、参加された皆さんと先生にご挨拶。
軽い軽食と飲み物で歓談し、先生を天国へお見送りしました。

いよいよ本格的にあちらの世界へ行って活躍される事でしょう。
小さな遺影を見つめていると、
「みんなありがとう。 これからもワークを続けてください。 ヒトミのこともよろしく頼みます。」
と言ってくれているように思えました。

これを契機に、いろいろと整理してみようと思います。
HPとブログのあり方も少し変えます。

このブログは私の猫談義専用ブログになるのかも。 たぶん。。。
[PR]
by idun-2006 | 2007-04-22 22:21 | 和童塾

Trouble Maker

毎日よからぬことをやらかす光冠。

宅配のお兄さんや なにやらの勧誘で訪れる人達が光冠を見ると、皆一様に
    「でっかーい!」
と口をそろえて言います。

f0031709_1813205.jpg


    やっぱりでかいかも。。。

    (ピンボケ写真でスミマセン)

玄関で話を聞いていると、いつの間にか私の横へ来て、一緒に話を聞いている光冠。
ついでにお兄さんに頭撫でてもらってご満悦。
     おいおい、それでいいのか光冠くん。
     君には警戒ってもんないの?

昨日、洗濯物を干して部屋に戻ると、床が濡れている。
なんで? と思ってよ~くみると、一面びっしょり。
跡をたどっていくと、風呂場まで続いてます。

もしや。。。。! と光冠に目をやると、なにやら怪しげな物腰。
近くに寄ってみると、案の定下半身びっしょり濡れてます。

どうやらお風呂の栓を抜いた後、まだお水が残っている風呂へダイブしたみたい。
実に光冠らしいお間抜け度。

もうちょっと落ち着いたら、光冠の洗濯だねぇ。。。

f0031709_18241536.jpg

おいおい! それは君の草じゃないでしょ。


ダメ! それ噛んじゃダメ!!


f0031709_18244076.jpg

そうそう、そっちが光冠君たちが食べていい草だよね。

間違わないでよー。

バンブーの葉っぱは、すっかり沙門の餌食になり、ぼろぼろです。


久しく沙門と光冠の写真をアップしてませんでした。
って考えると、私が彼らを観察するような、ゆっくりした時を過ごしてなかったんですね。
やっと彼らに目を向けることが、少しだけできるようになった   のかなぁ?
[PR]
by idun-2006 | 2007-04-21 18:34 | ペット

知恵比べ

新しいお家で、沙門と光冠との知恵比べ。

以前と比べて狭くなったお家では、沙門と光冠の様子が何処に居ても分かります。

今までは運び込んで片付けられられない荷物でジャングルのようだった我が家。
沙門と光冠は、そんな荷物の中を探検してました。
荷物を片付けるにつれ、床が見えてきて、机の上にスペースが現れるようになると・・・・、
沙門と光冠のダッシュ&鬼ごっこが始まります。
既にフローリングの床に爪あとが。。。。汗

ぬいぐるみの置き場を誤ると、2匹の餌食になってしまう。

細い紐が大好きな光冠。
携帯の充電コードなんて大~好き。
今、充電コードは光冠が絶対入らないところに置いてあります。
        ・・・・それは、   トイレ。

パソコンを置いている部屋には電話も含めたコードがいっぱい。
光冠の目が光ります。
引っ越した当初は出入りを自由にさせてましたが、あまりに2匹の物色が激しく、
その部屋で寝る私は安眠できず、已む無く出入り禁止の部屋にしました。
ところが、光冠君が進入方法を学習してしまった。
ドアノブに手をかけて体重をかけるとドアが開くことを覚えてしまった。
鍵がついてないドアなので、光冠が開けられないようにするにはどうしたらいいのか。。。

知恵比べです。

でも、私がこの部屋に居なければ光冠は入らない。
私を追ってくるんです。 いい子・・・・?

ここで沙門と光冠との 新しい生活が始まります。
[PR]
by idun-2006 | 2007-04-21 08:27 | ペット

調律の会 4.17

やっとネットがつながりました。
でも・・・・、メールが。。。。

なんでも、セキュリティの為にポートを制限しているとか。
なんだか素人には良く分からない話で、
とにかく明日解決に向けて、訳の分からないお願いの電話をしなければなりません。
無事開通してくれるといいのですが。

さて、昨日の調律の会のご報告です。

今回の調律の会は、養気呼吸法の片竜に挑戦。
でも、その前に、軸感覚を鋭敏にするため、様々なフォームで火の呼吸を行いました。
久しぶりの火の呼吸だったので、30秒 1分インターバル。 ちょっと優しい。
でも、しっかり腹筋が筋肉痛になりました。

片足立ちになったとき、改めて自分の軸感覚の甘さに気づきます。
大きくぐらついたり、外側に軸がずれたり、四頭筋で支えてしまったり、腰に痛みを感じたり。
人それぞれ、問題点と向き合う時間です。

天の呼吸、地の呼吸の後に片竜にトライ。
初めてのフォーメーションで、形を覚えることに集中。
でも、大切なのは、天と地を貫くエネルギーを還流させ、とどめることなく流すこと。
だから、動きが止まることなく、常にじんわりとどこかが動いているように、じっくりと流れるように動かなければなりません。 これが難しい。
体軸を移動させるとき、つい床を蹴ってしまう。
一定の速度で動いていかなければならないのに、床を蹴ってしまうから勢いがついて動きが乱れてしまいます。
ただ形をまねて呼吸を合わせるだけではダメなんですね。
「養気呼吸法」=気を養う呼吸法 ですから、天や地から得たエネルギーを還流させて、再び天と地に戻します。

お天気の日に緑の多い公園なんかで行うと、本当に気持ちいいですよ。

皆、筋肉痛にならなかったかなぁ。。。
[PR]
by idun-2006 | 2007-04-18 23:46 | 調律の会

過去との決別

今日、主人を見送った家の引渡しにいってきました。
主人を精一杯看病し、最期の儚い願いを遂げてあげることができたお家とのお別れです。
ちょっと感傷的にもなりましたが、家の状態を確認しにきてくださった不動産の担当者がすごくいい人で、気分よく事務的に部屋を巡ることができました。古くて不具合の多い家に対して、公平に査定してくださいました。
頑張った証が一杯詰まった家ですが、何時までもここに止まらず新しい生活にむかわなければなりません。
そのために、一つ過去と決別です。
ありがとう!の感謝の意をのせて。
[PR]
by idun-2006 | 2007-04-13 14:04

*身体のよりどころ・心のよりどころ* そんな小部屋を覗いてください


by idun-2006
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー