心と身体のよりどころ

idun2006.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:ストレッチ( 13 )

water

ここのところ、目から熱いのもが流れる毎日です。

海外からの支援隊の雄姿を見て泣いて
アフリカの子供たちが日本の被災者を祈って歌う映像を見て泣いて
ニューヨークの子供たちが We are the world を歌ってくれてるのを見て泣いて
You Tube に寄せられた日本へ送られたエールの動画を見て泣いて
瓦礫の中を津波に流されたであろう家族を探す被災者を見て泣いて
金八先生の Final を見て泣いて(←おまけ)。

ティッシュの消費量が増えてしまった。

東京も、節電、節水と節約生活を余儀なくされてますが、
もともとが節約生活みたいなもので、あまり不自由を感じておりません。

っが、水道水から放射能が検出されたとき、ちいと困った。
f0031709_1849159.jpg

以前にミネラルウォーターの仕事をしていたこもあり、飲み水に関してはいささかこだわっていたんですね。100%ミネラルウォーターにするのは難しいので、飲み物とお米を炊くときの水はミネラルウォーターにしてました。
特に主人が病に臥したころはかなり気を使い、成分だけでなく採水地にもこだわってみたりもしてました。
主人から、“たとえ自分が居なくなっても、水のことやその他もろもろ手抜きをしないように”と釘をさされていたのに、手間と経済的理由からいつしか浄水器の水ですべてをまかなうようになってました。

今回の水道水の問題に便乗したわけではないですが、改めて飲み水を考えたときに、ミネラルウォーターに戻したくなったんです。
ところが、この騒ぎで市場からミネラルウォーターが見事に姿を消しましたね。
数値的な放射能レベルは低いものだし、一時的に飲用してもすぐに健康を害するものでもない。
現に翌日には基準値に戻ってましたものね。
でも、気になりだすとこだわりたくなってしまう。
たまたま手に入った500ml数本でコーヒーといつものブレンド茶を作ってみたら、やっぱりおいしいんです。
飲み比べたことはなかったのであまり意識していなかったんですが、浄水器の水で入れるよりはるかに美味しかった。
こんなに違うんだとわかってしまうと、やはりおいしいコーヒー、美味しいお茶を入れたくなってしまう。

ただし、あくまでも放射能を懸念しているわけでなく、ただ美味しく入れたいだけ。

東京の水道水の放射能レベルは安定してます。
福島原発が終息するまで、注意をむけておくことは必要だと思いますが、今のレベルであれば
「この水が私の身体を浄化してくれる。私の血をきれいにしてくれる。細胞を活性させる。」
と信じて飲めば、身体を害することはありません。
私たちの身体が本来持っている能力で、不要なものは身体から排除してくれます。

市場が落ち着いてきて余裕がでてきたら、飲み水としてのナチュラルミネラルウォーターにこだわってみるのもおすすめです。

これは無農薬食材と同じことで、100%無農薬、100%ミネラルウォーターに徹するのはほぼ難しいです。
だから目くじら立ててミネラルウォーターにこだわるのは些か無意味。
かえってそのことがストレスになり身体を害してしまいます。

私たちの身体は全体の約60%以上が水分です。
ボディは堅いという認識を持ってしまいますが、60%が水分の個体って、かなりの軟体です。
であれば、良質の水分にしたい。
せめて飲用水だけでもこだわりたいものです。

日本の水は軟水なので、成分的なものは期待できませんが、まろやかで美味しいです。
ヨーロッパの水の中には硬水があり、これはかなりのミネラル成分が含まれるものがあります。
私がかつて携わっていたコントレックスはみなさんもよく知るところですね。
今回久しぶりにコントレックスを飲んでますが、いきなり腸の活動が活発になりました。
カルシウムもマグネシウムも、どちらも枯渇していたみたいです。

放射能問題で、再びミネラルウォーターに目を向かせてもらってます。
しばらく続けてみようかな。

ちなみに、コントレックスは煮沸しないでくださいね。
ダメってわけではないですが、せっかくの豊富なミネラル成分が結晶化してしまい、沸かした鍋の周りに白い粉となってこびりついてしまいます。承知の上での煮沸はかまいませんが、せっかくのミネラル成分がもったいない。
結晶化したミネラルは粒子が粗くなるので、そのものを食してもほとんど身体には吸収できません。
[PR]
by idun-2006 | 2011-03-28 14:06 | ストレッチ

3Dストレッチ vol.10

f0031709_18154757.jpg


4-4

前回の3-4のつづきです。

骨盤を右開店させて中心から右にずらします。
胸郭は左回転、骨盤は右回転させることで、右の側面をよりストレッチさせます。

体幹を深くストレッチしても呼吸を止めないように注意します。
ゆっくりと呼気しながら骨の動きに意識を集中します。
[PR]
by idun-2006 | 2011-01-11 18:20 | ストレッチ

3Dストレッチ vol.9

f0031709_232568.jpg


4-3

写真のように、4-2でまっすぐ伸ばした左腕を左方向へ倒していきます。
肘を抑えている右手を離さないように、アッパーボディ(肩甲骨の下部から上の体幹部分)を時計と反対回りへ回旋させて左腕の傾斜を後押しします。

筋肉の力で形を作るのではなく、骨の操作に意識を集中しましょう。
[PR]
by idun-2006 | 2010-12-27 23:07 | ストレッチ

3Dストレッチ vol.8

f0031709_2335534.jpg


4-2

4-1の状態から左手の肘を伸ばします。
僧帽筋を緊張させて、肩甲骨が上がらないようにします。
首がすぼまらないように肩を下げて、肩甲骨が肋骨の上を上方向へスライドしないように注意しましょう。
[PR]
by idun-2006 | 2010-12-24 23:40 | ストレッチ

3Dストレッチ vol.7

f0031709_20293714.jpg


4-1
ボディをアッパー、アンダー、ミドルに分ける3Dストレッチです。


上の写真のように正座で座り、頭の後ろで左手の肘をつかみます。

左の肩甲骨が肋骨の上をスライドして腕が上がるように意識します。
姿勢が前かがみにならないように、頭部もなくべく前傾しないように身体を起こします。
できるだけ左の肘が後頭部に寄るように右手で軽くサポートします。
呼吸をゆっくりと続けながら、身体の力みを解いていきましょう。
[PR]
by idun-2006 | 2010-12-23 20:36 | ストレッチ

スタジオ イベント 「骨盤体操」

今日は、いつもお世話になっているスポーツクラブの祭日特別プログラムにイベントとしてスタジオプログラムに初参入させていただきました。

プログラムのお題は、「骨盤ダイエット体操」。

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、エム・アイ・エルの前身「動作改善研究室」の故松本義光先生は、リクシアという骨盤矯正マシンを創られました。
現エム・アイ・エルでも先生のノウハウを受け継いで、骨盤に関する知識とワークはちとこだわりがあります。

スタジオの場合難しいのが、始まるまでどのくらいのレベルの方がどのくらい集まってくださるかです。
エム・アイ・エルのワークは、初心者もアスリートも同じ場で行うことが可能です。
レベルの違いは意識の持たせ方でカバーできます。
できる方にはより奥深く、細部にわたって意識してもらいます。
うんちくを述べるととかく小難しくなる内容を、どれだけ端的に楽しく伝えることができるかで、スタジオ全体のまとまりに差が出てしまいます。
楽しいだけではダメ。
身体のことを勉強しながら、適した動作を楽しく勉強していく。
それがエム・アイ・エルのスタジオワークの目指すところです。

今回設定していただいた17時15分から1時間という時間帯も、デイタイム会員さんは参加できないこともあり、祭日とはいえけっこう難しいスポットとの印象を持っていました。

さて、今回集まってくださった会員様たちは、プログラムのお題が「骨盤ダイエット体操」だったこともあり、多くの女性と男性がお一人参加してくださいました。
若い方もかなり目に留まり、スタジオいっぱいにストレッチマットが広がりました。
お伝えしたかったことがどれだけ受け止めていただけたか定かではありませんが、参加されているみなさんの表情からすると、それなりにいけたかもって感じです。
終えた後に楽しかったとのお声もかけていただきましたし053.gif

何をやったのか? ですよね。
骨盤の歪みを自己チェックし、自己矯正させるワークを二つばかり紹介しました。
股関節回しのワーク。骨盤と胸郭を分離させるワーク。そしてお遊びで床に文字を書くワークを行いました。
かなり大ざっぱ説明になりましたが、骨盤と胸郭をどう操作するのか、少し意識してもらえるようになったのではと思ってます。

普段パーソナルを受けていただいている方も参加してくださったのですが、新鮮に感じられた内容だったそうです。
普段ウェイトトレーニングとスタジオプログラムに参加されているのですが、骨盤体操を受けた後にクロストレーナーをしたら、いつもより燃焼効率がよくて、身体もスムーズに動けると喜んでいらっしゃいました。

機会があったら、また違うテーマでやってみたいですね。
[PR]
by idun-2006 | 2010-11-23 23:55 | ストレッチ

3Dストレッチ vol.6

f0031709_1545482.jpg


1-4
胸郭(アッパーボディ)と骨盤(アンダーボディ)の分離

アッパーボディとアンダーボディに左右軸を元に骨格を操作します。

1-3で身体を前傾させて体幹を丸めたら、アンダーボディとアッパーボディの操作を続けて身体を丸めたままの状態で身体を起こしてきます。

アッパーボディは前傾、アンダーボディは後傾の状態が崩れないように骨格の動きに集中します。

そのまま起き上ったら坐骨に乗り体幹をまっすぐにし、坐骨、背骨の内側を通して頭のてっぺん(天中)に抜ける軸を通します。

このまっすぐな状態から1-1の操作から1-4へとよどみなく骨格を操作して体幹がうねるように動いていきます。
[PR]
by idun-2006 | 2010-11-15 15:57 | ストレッチ

3Dストレッチ vol.5

f0031709_23233827.jpg


1-3
3Dストレッチ アッパーボディとアンダーボディを分ける

左右軸の操作です。
1-2の流れから上体を倒したら、骨盤(アンダーボディ)を後傾して胸郭(アッパーボディ)を前傾させて、身体を丸めます。

肋間筋を収縮させて形作るのではなく、あくまでも骨の操作に意識を集中します。

呼吸を止めないように注意しましょう。
[PR]
by idun-2006 | 2010-11-14 23:27 | ストレッチ

3Dストレッチ vol.4

f0031709_2155261.jpg


1-2
アッパーボディとアンダーボディを分ける3Dストレッチ。


鼠蹊部から上体を前傾させます。
アッパーボティは後傾、アンダーボディは前傾のままです。
背中が丸まらないように注意します。

背筋を力ませずに骨の動きに意識を集中します。
呼吸が止まらないように、ゆっくりと吐きならがカラダをたおしていきます。
[PR]
by idun-2006 | 2010-11-11 21:09 | ストレッチ

3Dストレッチ vol.3



1-1
アッパーボディとアンダーボディを分ける3Dストレッチです。
左右軸を意識して身体を操作します。

腕を後ろでくみます。
骨盤(アンダーボディ)を前傾させて、胸郭(アッパーボディ)は後傾させます。
体幹が弓なりになった形になります。

あくまでも筋力で形を作るのではなく、骨の操作に意識を集中させましょう。
f0031709_20254622.jpg

[PR]
by idun-2006 | 2010-11-10 22:47 | ストレッチ

*身体のよりどころ・心のよりどころ* そんな小部屋を覗いてください


by idun-2006
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30