心と身体のよりどころ

idun2006.exblog.jp ブログトップ

スクール 5.21 <ストレス>

今週は解剖学をちゃんとやろうと思って準備してましたが、
結局先週と同様に、ストレスのお話で終わってしまいました。

でもこのストレス理論が一番大切。 
何時間かかっても、きちんと理解していただきたい重要な部分です。

どんなことをクドクドと行なっているのか。
ストレス理論をちらっとご紹介します。

皆さんは 「ストレス」 というと、何を思い浮かべますか?

  ・責任の重い仕事
  ・通勤電車
  ・反抗期の子供
  ・気の合わない同僚・上司

数え上げればきりがないですね。
これらの理由をよくみると、どれも自分の都合によるものだと思いませんか?

責任の重い仕事は、それが励みになればストレスと感じません。
でも、嫌な仕事と思うと、ストレスの対象になってしまいます。

通勤電車も不快と思わない人がいるかもしれません。
でも、イヤと思うと、呼吸をするのもイヤなくらい不快でたまりません。

反抗期の子供も、自分のいうとおりにならないからストレスに感じます。
反抗する理由が自分の中ではっきりしていれば、それほどストレスにならないかもしれません。

気の合わない同僚・上司も、Aさんにとっては気が合わないけれど、Bさんにはなんとも思わない。

AさんとBさんの反応の仕方が違うわけです。
自分の反応の仕方を変えてしまえれば、ストレスにはならなくなるのです。

この話は長くなるので、シリーズでお話していきます。
今日はここまで。。。。
[PR]
by idun-2006 | 2007-05-21 22:21 | スクール

*身体のよりどころ・心のよりどころ* そんな小部屋を覗いてください


by idun-2006
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31