心と身体のよりどころ

idun2006.exblog.jp ブログトップ

特別授業 3回目

昨日は、特別授業 茶道編の3回目でした。

特別授業はこれでひとまず終了。
茶道教室は続けたいと思うのですが、しばらくお休みです。

日本人でありながら、和室での立ち居振る舞いを忘れてしまってるのではないでしょうか。
忘れてしまっているというより、教えてもらってない。
皆すっかりできなくなってる。
親も自信がないから、子供に伝える事ができない。
だから今ではできないことが当たり前で、恥ずかしいという認識なくなっています。
和室がない家も最近多くなってきているように、身近だった日本の文化が遠のいてきてます。

お箸が持てず、スプーンでお弁当を食べていた同級生。
それが欧米人みたいでカッコいいと思っていた様子。

昨年の調律の会のある日、参加された20代の若者に、松本先生が一つの言葉を投げかけました。(何の言葉だったか忘れてしまいました)
私達の世代では、日常使っていた言葉でしたが、20代には通じませんでした。
でも、その言葉を英単語にすると、意味が理解できるのです。
世代が違うと日本語すら通じなくなってきています。

日本文化、どうなってしまうのでしょう。。。。

さて、3回目ともなると、袱紗捌きはなんとかできるようになってきました。
そこで盆略手前に挑戦。
お手前の手順を辿るのに夢中で、体の使い方、軸感覚などとても意識することはできないようでした。
言われるがまま、ロボットのように動くだけ。
畳の歩き方、体軸の維持などに意識が向けられるようになるのは、数ヶ月先のことです。
でも、常日頃こういった立ち居振る舞いがきちんとできていれば、なにも特別にワークに励み軸感覚を養う必要はないんですね。
立つ、座る、歩く。 
何てことない日常の動作を疎かにすることなく体を使っていれば、できて当たり前のことなのだと、改めて気づかされます。
[PR]
by idun-2006 | 2007-04-01 06:35 | スクール

*身体のよりどころ・心のよりどころ* そんな小部屋を覗いてください


by idun-2006
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31