心と身体のよりどころ

idun2006.exblog.jp ブログトップ

紐解いて

久しぶりに主人の文章に触れてみました。
懐かしい! 
主人との会話が蘇り、彼の溢れ出る概念のシャワーを再び浴びせられた感じがします。
なんと緻密な文なんだろう。
スポーツ、武道、身体学、ジャンルを問わず膨大な原稿が残っていたことを忘れていたわけではないけれど、改めて紐解いてみると愕然とします。

晩年は、頭の中からあふれ出すものを全て出し切る勢いを感じます。

毎日が身体論を確認し合う私たちの時間。
今、当時のレベルで私が話をしても、誰も理解を示してもらえないような内容です。
ある意味超越してました。
独りになって唯一の理解者を失い、彼から得てきた一番大切なことを封印していることに気付きました。

とても大切なことがいっぱい詰まっているのに。
そのまま出してしまうのではなく、分かりやすい文章に変換しなければと思うと筆が進みません。
でも、どうにか工夫して封印を解かなければと切実に感じてます。

数万円で取得できる資格を取って、そこで習った体操を「私の体操」と主張できるようなにわか仕込みの内容とはレベルが全く違うことを改めて思い出させてもらった主人の原稿です。
[PR]
# by idun-2006 | 2014-09-14 01:06 | 心と身体のストレッチ

stressless life

「あなたは強いから大丈夫なのよ」

そんな言葉を投げかけられた方が
「先生、私けっして強くないのよ。どれだけ泣いてきたことか」

精神面でも肉体面でもたくさん傷ついてきた彼女は、”これからの人生を明るく、楽しく行きたいからまず体を治して元気になりたい” と、私のパーソナルを受けてくださっている。

傍からみれは強く見えるかもしれないけれど、彼女の実態は真逆といえるかもしれない。
体は病気や怪我からいくつものメスが入っている。
心も多くの問題を抱えてズタズタになっていた。

それでも彼女が笑顔を向けて前向きに歩き出したのは、辛いと思う生活から決別したいと決心したから。
「そしたら素晴らしい出会いがあるのよ。救われるの。先生との出会いもそう。」

数々の難題と向き合ってきた結果これからの人生へのビジョンが明確になり、目先の苦痛を乗り越える力となっていた。 彼女にとって楽なトレーニングではないと思うけれど、時に冗談を交えて、愚痴りながらも大笑いしたりの楽しい時間となっている。

人は楽な選択をするもの。 辛く困難な道をあえて選ぶことはしない。
恵まれた環境の中にいれば、いらぬ努力はする必要がない。
その「恵まれた環境」の中にどっぷりと浸かっていると、それが当たり前になって恵まれていることに気付けなくなる。ある種の甘えが生じているが、本人には分からない。
恵まれた環境の中で何を見ているかで、幸福感を抱けるか満たされることなく不平不満を述べているかに分かれてしまう。

端から「恵まれた環境」にない者は、甘えられる環境にないために何事も自分で処理するしかない。
そんな姿をみて「貴方は強い」 と言われてしまう。
けっして楽々とこなしているのではなく、「人様には迷惑をかけないように」と必死に対処しているだけなのに。

元々弱い人間など存在しない。 人は無限の力を持っているもの。
視点をどこに向けているかで「弱い・強い」の線引きをしてしまう。
どんな方でも、自分には無限なる力があることを忘れないでほしい。

私もよく平々凡々と苦労なく暮らしているように見えると言われるが、とんでもない!
難題に立ち向かっている最中に「あなたは強いから大丈夫」などと言われてしまうと、その言葉をバネにするよりも見放されたような寂しい思いとなることがある。
「強いから大丈夫」よりも「がんばっているね」と言ってもらったほうがいい。
そんなことを考えるのも、私の甘えなのかもしれない。
[PR]
# by idun-2006 | 2014-09-07 21:48 | 心と身体のストレッチ

不法侵入猫

夜中の3時のこと。

「ふお~~ん。 シー! カーーーーッ!」

の声に起こされる。
何が起こっているのか。
家の中と外から 「ふお~~ん」。 ネコの不穏な時の声が聞こえてくる。

はん?

声が次第にエスカレートしてきたので、ゴソゴソと起き出してテラスに通じる窓から外を見ると
野良猫ちゃんが沙門につられて我が家のテラスに侵入し、しかも窓ガラスに接近していた。

興奮する沙門。 尻尾がはたき状態に膨らんでる。

う”~~。 う”お~~ん。 ッカーー! カアーーーー!!

ガラスの向こうとこっちで相手を引っかこうとバシバシガラスを叩いている。

懐中電灯で野良ちゃんを照らしても、一向にひるむことなく沙門を狙っている。
応戦する沙門。 一歩も引かない。
f0031709_16223514.jpg

 
「売られた喧嘩よ! 黙っちゃいられない。 あんた! 出てけ!!」

ガラスのこちらからいくら威嚇しても相手は怯まない。 沙門も引かない。

一方、内弁慶のお坊ちゃまは、沙門と私の後ろで右往左往。
「なに? どうなった? 大丈夫??」 
とウロウロするだけで参戦する意志はまったくなさそう。
f0031709_16223532.jpg

やっぱり 女は強し だね沙門ちゃん。
[PR]
# by idun-2006 | 2014-08-30 16:18 | ペット

光冠レーダー

東京は本日がお盆の入。

亡くなった先祖・家族を迎える日。

本当に帰ってきているのかは分からない。

けど、

我が家にはネコレーダーなるものがある。
f0031709_16324738.jpg

主人が他界した年の新盆のこと。
光冠が天井の片隅を見つめて小さな声で ニャンニャ とささやいていた。
そして前足を合わせて おいでおいで の仕草をする。

「パパが来てるんだね」

今年は数日前のこと。
やはり光冠が天井の片隅をじ~っとみつめていた。

「パパが早めに訪ねてきたの?」

今のところ光冠レーダーは作動しておらず。
これからお迎えしたら何か変化があるのかなぁ。

あるお客様のお宅では、宗教にこだわらず自分の気持ちでお迎えするのだとか。
「我が家ではきまってお迎えの時は冷やし中華にすることに決めてるの。 送る時はできるだけ家に居てほしいからギリギリの23時ころに送ることにしてるのよ。」

実家では迎えも送りも夕刻に行うようにしていたが、お客様のお宅では朝からお迎えされているのかもしれない。

さてさて、彼が好きだったおかずを一品作ってお迎えするか。
[PR]
# by idun-2006 | 2014-07-13 16:33 | 徒然ごと

アンチ介護

見た目というものは人それぞれで、若く見える、老けて見えるなどといった差はあるものの、50代くらいまではまあそこそこ年相応にみられるものではないだろうか。
健康面や運動習慣など個人差があるものの、まだ動ける世代のため同世代で比較するとあまり差を感じることはない。

ところが80代ともなると、生活習慣やおかれた環境の差によって天地の差がでてくるようだ。

普通に生活している人もいればデイサービスなどを利用するなど、人の助けが必要になった人もいる。
中には施設に入居される方もいるし、生涯を全うされた方もいる。

今回ご紹介したいのは、とてもお元気になられた80代の女性。

私との出会いは7年ほど前になる。
当時は膝に痛みを抱えていて、いつ動けなくなるか不安を常に抱えていた。
旅行などに出かけていつもより歩いてしまうと、膝が炎症して動けなくなり家に籠る。
そんな状態を繰り返していた。

「せっかくスポーツクラブに入会して若い人達に交じって楽しく運動していたのに、膝が痛くなったら楽しみがなくなっちゃう。」

「いい年してやり過ぎよって、仲良くなった方から言われちゃうの。」

スタジオの中で私は最高齢とおっしゃりながら、無理せず適当にやってるのと笑顔を向けられていた。
ところが、セッションも数回続いたところで表情が曇った。
理由をうかがうと、
「回りのみんなから、パーソナルなんかにお金かけてもったいない。 そんなに鍛えてどうするのって言われちゃうの。 膝が痛いからというと、それなら病院に行かなきゃだめよとか、スタジオもやり過ぎだとかいろいろ言われちゃうの。 なんだんか面倒で退会したくなっちゃう。」
と悩まれていた。

「人は人、身体はご自分の為にあるのだから、これからもお元気で毎日を過ごされるように身体を整えているんです。 病院にお金を費やすより、今ここで身体を整えて、身体の使い方のコツを身に着けた方がよほど賢い投資をしていることになるんです。 ご自分の目的に集中しましょう。 人の批評に感化されてご自分の楽しみを自ら諦めないでください。」
と励ましつつ、心身の調整に時間を費やしていたのだ。

久しぶりにお目にかかると、とても明るい表情でハツラツとされていらっしゃる。

「おかげ様でとても調子がいいんですよ。 あの時じょぼくれていたのに先生に治してもらったおかげてこうして元気に楽しく通えるんです。 毎日スタジオを一つだけ受けに来てるんです。 少しずつできるようになるのが嬉しくて、地方にいる息子に”こういうのができるようになったよ”って電話するんですよ。」

息子さんにも無理はしないようにと釘を刺され、やり過ぎないように注意しつつ社交の場を身体を動かして新しい動きを身に着けるスタジオにむけられるという、とても前向きで健全な選択をなさっている。

お顔の表情から以前の不安は一掃されて、まだまだお元気で過ごされる様子が窺われる。

運動はアンチエイジングのみならずアンチ介護。
動けるうちから習慣づけていることが介護予防につながるのだということを証明してくれた80代だった。
[PR]
# by idun-2006 | 2014-06-22 18:11 | 心と身体のストレッチ

猫の格言

皆さんは手に取ってご覧になっただろうか。

随分前に書店で目にして衝動買いをしてしまった一冊。

「人生はニャンとかなる!」

うん、ほんと。 ニャンとかなる! 

f0031709_15532122.jpg


主人を亡くし、一人になって 不安で 右往左往している私を見ているこの子達。

きっと 未だに危なっかしい生活をしている私を見て

「ニャンとかなる!」

と言い続けてくれているんだろうなぁ。

一人になって8年目の歳月を刻み始めている。
今まで人様に迷惑をかけずにニャンとか生活してきたもんな。

うん、やっぱり 人生、ニャンとかなる! 
[PR]
# by idun-2006 | 2014-05-11 15:58 | ペット

久々の休息

連休も終わり、世の中がいつもの生活リズムに戻ったところ。
祝日は関係ない生活となった今、連休だろうが祭日だろうがカレンダーを見なければ世間の事情は分からないまま過ぎてしまう。

連休中に一日だけお休みがとれたので、母を以前から行きたがっていた昭和記念公園へ連れて行くことにした。

母様、歳と共に歩行が不安になり、距離を歩くのが億劫になっている。

「行ってみたいけど歩けるかしら」

と不安をのぞかせる母に 「ゆっくり行こう」 などと意味のないことを言ってけしかける。
ゆっくりしたところで歩く距離は変わらない。

母様、歩行に不安があると言いながら、「これが一番楽なのよ」 と革靴を履いてくる。 無謀。。。

f0031709_1533586.jpg

f0031709_15342037.jpg

f0031709_153526.jpg


真夏のような晴天の中、なるべく休憩を取りながら景色を楽しむ。
途中でいただいた御抹茶の献茶は、抹茶の香りがしっかりとしていてお茶もよくたっていた。

「こういうところのって残念な御抹茶が多いけど、今日のは大当たりだね。」

昭和天皇記念館では、母の時代にタイムスリップして昔を懐かしんでいた。
なんといっても昭和の時代を生きてきた、生き証人だし。
戦争中はまだ子供だったという母だけど、当時の映像は記憶の中に残っている。
知らない偉人の話ではなく、記憶に新しい昭和天皇の生い立ちには興味をもてた様子。

母と至福の一時を過ごすことができた。
[PR]
# by idun-2006 | 2014-05-07 01:39 | 徒然ごと

祭り

府中くらやみ祭りの只中。

昨日は山車で子供が祭囃子を演奏して踊っているところを見物。
今日は、一度見たかった万灯の競演。
15キロもの万灯を操る雄姿は圧巻。
今日はとてもラッキーで目の前で見ることができた。

夜になると町内を山車が練り歩いているらしく、自宅近くにも囃子の音が聞こえてくる。
このお囃子を耳にすると血が騒ぐ私。

以前から どうしてなんだろう? って不思議に思っていたら、
どうやら私が誕生する前に他界している両祖父達が祭り好きだったということを昨日知った。
父方、母方も両方の祖父が祭り好きで神輿を担いでいたらしく、お囃子が鳴り出すと外へ飛び出していったそうな。
そんなDNAをしっかりと受け継いでいるらしい。
残念ながら私は神輿を担ぐ機会に恵まれなかったけれど、いつでも気持ちは一緒に担いでいる。
f0031709_21161974.jpg

f0031709_21172181.jpg

f0031709_21173987.jpg

[PR]
# by idun-2006 | 2014-05-04 21:15 | 徒然ごと

常識・非常識

以前、集合住宅に住んでいる方が、
「隣に越してきのに挨拶がないの」
という話を聞いて驚いたが、それがわが身にも起きた。

4日前に上の階にどなたかが入居されたが、未だに挨拶はない。
いかなることも省略することが多いこの頃だけど、一昔前では考えられなかったのではないだろうか。

引っ越しはドタバタと近隣に迷惑をかけてしまう。
「うるさくしてしまい申し訳ない」 とか 「今後ともよろしく」
とご近所の挨拶は欠かせなかった。

一戸建ての家では外壁などの修繕工事が入ることがある。
近頃は依頼した業者が家主に変わって挨拶に回ることが多くなった。

今回の上階さんの常識を疑うのは挨拶に留まらず、夜中の1時過ぎから4時ごろまでドタバタと音を立てること。
世間が寝静まった夜中に立てる音は、昼間に比べて迷惑極まりない。
安眠妨害!!
私がこの時間帯を把握しているのも、振動で目が覚めてしまい眠れないから。
昼間はシャッターを下ろしたまま。
いないのかと思ったら、時折夜中同様に足音が響く。
いったい暗い室内でどう過ごしているのか?
昼間から室内灯の灯りのみで生活している?
なんだか怖くなってくる。

時代が変われば「常識」の捉えも変わると言われるが、この配慮の無さはなんなのか。
気難しいクレーマーにはなりたくないけれど、連日の寝不足で体調が悪い。
思わず口走ってしまう 「住みにくい世の中になったぁ」。
[PR]
# by idun-2006 | 2014-04-30 13:27 | 徒然ごと

マッサージチェア

長年使用してきたステレオのアンプの具合が悪く、いよいよ使えない状態になってきため修理のため電気量販店へ持ち込んできた。

電気店と言えば見逃せないマッサージコーナー。
今日はGW只中なのに早い時間に出向いたためか、コーナーには誰一人いない。
一番重厚そうな椅子に座ってみる。
店員さん曰く、「こちらのコーナーは医療用の椅子で、あちらの椅子とは比べ物にならないくらい本当にいいですよ。まず、痛くないし体をしっかりとサーチして人のサイズに適格に合わせてくれます。」

これは特に女性向きだと勧められた椅子はストレッチ機能が充実していて、関節を開いてくれる効果があるのだと。

以後、店員さんの説明は続き、

痛いくらい強いマッサージは体によくなくて、購入しても長続きせず使わなくなる。
強いマッサージは刺激が強すぎで構えてしまうため、帰って筋肉を硬くしてしまう。
筋肉が硬いからより強い刺激を求めてしまい、悪循環が続くとどんなものも効かない体になってしまう。
心地良いストレッチが血流をよくして体を解してくれる。
PC、スマホとうつむいて座ったままの現代人には、よりこういったマッサージが効果的。

どれもこれもブレインストレッチの説明でお話している内容に類似している。
確かに試したマッサージチェアは以前のものとはタッチ、ライン、圧力、リズムなど、各段に良くなっていた。
マッサージチェアの概念がより専門的になってきたと嬉しくなる。

難を言えば、なぜか肩甲骨が上方へ突き上げられてしまうため、胸を開くための装置設定はされているものの僧帽筋が緩まない。
むしろ肩に特化した設定のマッサージを選択したら、かえって僧帽筋が凝ってしまった。
この一点を覗けばかなり重宝できるマッサージチェアだった。
お値段も張るけれど、36回分割まで無金利できるというサービスにもそそられる。

我が家にスペースがあれば、少し真面目に考えたかも。

そんな優れたマッサージチェアでも、やっぱり人の手による施療にはかなわないのは言うまでもない。
[PR]
# by idun-2006 | 2014-04-29 13:24 | 身体

*身体のよりどころ・心のよりどころ* そんな小部屋を覗いてください


by idun-2006
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30